alangeli

12345678910111213141516171819202122232425262728
2021年01月 / 2021年02月 / 2021年03月
TOP日記 ≫ 生きたままあの視点を持つって事なんだなあと・・・。

生きたままあの視点を持つって事なんだなあと・・・。

0322.png
・・・昨日は寝落ちしてしまいました・・・。

もしかしたらまだネタバレしない方がいいかも知れない
原作未読&試聴途中の方がいらっしゃるかも知れないレ・ミゼラブルについて。
エンド展開について言及しているので
「今絶賛見てる!」の方は折り返し部分を読まない方がいいかも!


また、動画のリンクを短期間で切るようにしているのは
リスクを承知でアップロードして下さっている職人さん達に
万一にも類の及ぶ可能性を危惧して、というだけの事ですので、
そっと見せて頂きたいだけなんですがURL解らなくなってしまった
という方いらして困ったりしたら、いつでも連絡下さいね!
 

ジャン・バルジャンはどんなにか苦しい生涯を受けて、
理不尽な物事や誰かの心無い仕打ちにも
心身を引き裂かれんばかりの思いをして、

・・・でも最終的に、
周りの全てに感謝してミリエル神父に迎えられていく・・・、

あの感謝が、自分のような心のよじれた者wにも、
「嘘くさい出来レースのいい子ちゃんぶった
大根役者のセリフ棒読み学芸会の出し物劇」
には見えなく、

本当に真実そういう心のあり方があるのだと思え
自分は横で見る人があればドン引きする位号泣しました。


あれを見届け終わると、見届けた人全員の心に
ミリエル神父の銀の燭台が宿り

「明りを灯された者」

になってしまうのだと思いますが、

もしもあのとき、ミリエル神父が
「あなたは、まだ死ねませんよ」とでも言葉を掛けてくれて、
ジャン・バルジャンが奇跡の様に元気になったとしても
ジャン・バルジャンはその後も多分ずっと、そして更に感謝と喜びの中で
他者の痛みを思い遣って生きていくのだろうと。

そして、
「今まで受けた痛みを許し、全てに感謝して、何とかかんとか」
は正に、
「その後も生きたまま、この視点を持って生きてみせい!w」

と、言っているのだなあと自分には感じられ、
また、生きたままあの視点を持つことは、
あれに感銘を受けた人は100%出来る!
感銘を受けた時点でその心の使い方の素地がコピーされている!
という事なんだと感じられたのでこのリンクのチョイスだったと・・・w
そんなこんなです


そんなこんなを差し引いても、このミリエル神父の燭台の灯りは
多くの場合、誰にとっても、
決して無駄な明りでも不要な煩わしい明りでもないような気がして、

ああ今は暗い道が、
みんながコケて泣いたりせずスキップしながらでも進める
歩きやすい明るい道になったらいいなあと。
マリウスとコゼットも幸せでよかった。

物語は全てハッピーエンドがいいなと思います。

誰もが本当には愛情と豊かさの満ちた喜びを
目指して生きているのであってみれば
これは単純な絶大な優しく尊い真理のように私には思えますゼイ!
 
スポンサーサイト



日記 | Comments(-) | Trackbacks(-)