alangeli

12345678910111213141516171819202122232425262728
2021年01月 / 2021年02月 / 2021年03月
TOP日記 ≫ ごめんね。またです。そして軽さの上限を更新していく・・・。

ごめんね。またです。そして軽さの上限を更新していく・・・。

ブログすら書けない訳ありな時間の後、軽くなる。
何度これになったんだ・・・。もう覚えました。


それらの感覚の渦中にある時、
まさに「何も足さない、何も引かない」そんな感じです。
私は人様の言葉を使って何を書いているのだ。ごめんなさい。

でも、あまりにも何も、何一つ足し引きされない場所に
無理やり連れて来られて、ステージに上がらされて、
なんというのかそこでは言語が不要になる感じなんだ・・・。

そして何も書けない・・・(でも現実の対応の為相手が言葉を発してくれれば
心から感謝して嬉しく普通にお返しできる)これは現実の感覚なのかな。


ごめんなさい、軽い。狂気のように体が軽いのです。
今夜中の3時なのでまた明日以降、
今まで何度も繰り返したように、何事も無かったかのように、
人様のブログの、大切に書かれた言葉の一つ一つや
宝物のような写真を見せて頂いたり、自分も何か書けるかもしれません。

それとももう本当に自分が何かを書く事はやめた方がいいのかも知れません。
内容がもう許容の範囲を超えて常軌を逸しているような気がするからです。
人心を惑わす得体の知れない怪文書を書き記す為に
私はブログを持ちたいと思った訳では決してありませんでした。
その一点のみにおいて、最も困惑しているのは恐らく当の本人である私自身なのではないかと、一筋の疑いも余地もなく思われてなりません。


全ての困惑と躊躇いを脇に追いやり、
現状のみをただ簡潔に言葉にする事がまだこの私に許されるなら、
やはり再び、三度、何度でもなお、こう記してしまうと思います。

人間の体(生物の体?)はこれほど軽くなるのだ。
何を意味しているんだろう。
 
スポンサーサイト



日記 | Comments(-) | Trackbacks(-)