alangeli

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2021年04月 / 2021年05月 / 2021年06月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 日記
CATEGORY ≫ 日記
       次ページ ≫

ものの1週間で

s0419.png

血をはきそうな位くらくらしました(しています)が
画力向上の為の微々たる努力に取り組んでいました
 
スポンサーサイト



日記 | Comments(-) | Trackbacks(-)

レナさんが

0414-3.png

プレイを進めるたびにガチ天使になっていってありがたいです・・・
(私の推し女の子傾向的に)


---*----*----*----*---

so2-210427100.jpg

話しを終えたアシュトン、
扉の外で聞く形になってしまったレナさんは意を決して二人のいる部屋の中へ。


アシュトンもレナを探そうとしていたと言います。
ちゃんとレナさんも導かれてここに来たんだと思います。

いや、いるのかいないのかわからない神様がどうとかと言う話ではなく、
多分優しさに導かれてここにきたのでしょう!
 
日記 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ハンカチも、

0413-02.png

ちゃんとこの女の子の痛みをアシュトンが知るために
導かれて落ちてたんだろうと思いますぜいッ!


---*----*----*----*---

so2-210426100.jpg

ハーリーで休息中に街をぼんやり散策していたのかもしれないアシュトン。
ハンカチを拾いました。

・・・ってえええ!??w

その家の前に落ちていたからここかな?自体もちょっと良く解らないけど
いやだって歩いていた人が落したかも知れない上に、
よく知り合いでもない人の家に入っていけると思わなくもないけど、

・・・とにかく彼は見ず知らずの人の家に唐突に入っていきました。


「やっぱり天然なのかなこの人は?

とか自分の設定で楽しめば
ちょっとどうかと思える一幕も楽しさに変わります!

・・・それがキャラ推しというものだからです!w
 
日記 | Comments(-) | Trackbacks(-)

クロレナは正統派だなあと思います!

アシュトンにかまけている内に
次の大陸の名前そのものを既に忘れてしまっていますが、

とにかく、船に乗るべき時がようやく来たかと思いましたら

・・・アシュトンのPA(キャラクターのサイドストーリー)が来てしまっていました・・・!


それ自体は願ったりかなったり嬉しいですが、
ああプレイ記の絵が描けないとか
ごちゃごちゃ言っていないで取り敢えず出来る所まで挑戦だ!
というお告げかもしれないので次は是非その分を上げますぜい!

so2-210425100-1.jpg

PAは、なんだかそれほど特筆すべき事はセリーヌさん以降何も起こらなく、
軽い会話が単品で起こって終了のような、

乙女ゲーム多少なりやった事のある身には「日常会話」位の内容なのですが、
もしかしたらこれは、今後続きが発生する?かも知れないので

アシュトンの前にさわりだけでも、
ネタのないブログ写真の代わりにもなってくれそうなので載せておきます・・・!

so2-210425101.jpg

しかしレナさんは願い通りの「天然夢見がち乙女」を地で行ってくれているので
自分はとても楽しいです!


何度か言葉にしましたが、
赤毛のアンとか嫌いでない方なら、

想像力豊かな夢見がち体質といい、話し口調といい、
たぶんレナさんを大好きになれるか、
少なくとも嫌いでない状態で緒に冒険できますかと・・・!

(説明書には活発とありますが、赤毛の方のような
ギルバートを黒板で殴るような勝気さんではありません。すごい優しい子です。)

続きがあるかもと思いましたのは、
「夜空を見上げてみないかい?」が、何か約束っぽかったからなんですがどうなのかな?

しかしこれを見るとクロードも素で夜空を一緒にどうとか
乙女っぽくてかわいい・・・よな・・・?
日記 | Comments(-) | Trackbacks(-)

こんなしがないプレイ記に

0412-03.png

お付き合いくださり、
本当にありがとうございました・・・m(_ _)m

また、拍手を本当に本当にありがとうございます。
このゲームご存じで居て下さる方いらしてくださる可能性も
もしかしたらありうるの・・・でしょうか・・???
そ、そんな都合のいい考え方どうかと思うのですが、

万一ご存知の方いらして、
「アシュトンとかないわー。」
という感じだったらごめんね。


アシュトンは、
自分に自信を持てず、いつもどこか何かを不安に思っているような人で、

カッコ良さをメインに描写されているクロードやディアスの対局にあるような
キャラクターだと思え、
その見た目のインパクト(2匹の龍たち!w)に反して、

あまりに等身大
(一般的な平均よりも、さらに小さな者の目線に立った、
誰もがその気持ちを知り、また思い遣る立場にもなれる等身大)過ぎる

痛みと優しさの描写が私はとても大好きになりました。


210423100.jpg 210423101.jpg

万一ご存知の方とかいらっしゃるなら今後も意味があるかもしれないから
プレイ記続行も考えて見よう・・・いえ、絵があまりに未熟で辛いのです。

自分のオリジナルキャラクターならともかく、
人様の大切な&自分の大好きになったキャラクター達が

イマイチもいいところの絵になって出来あがる現実、
毎日それに向き合わなくてはなりませんから・・・。
 
日記 | Comments(-) | Trackbacks(-)